屋号のつけ方

屋号のつけ方

屋号(やごう)のつけ方

屋号とは?

屋号とは、簡単に言うと「お店の名前」です。

 

ご近所のスーパー○○ってありますよね?
この「○○」が、屋号にあたります。

 

屋号と、お店の名前は同じほうが良いのか?

 

これは、違っても問題ありません。
大企業でも、お店を経営している会社の屋号と
実際のお店の名前違うことっていくらでもあります。

 

気になるお店の運営会社を見てみるとわかりますよ。
例えば、ユニクロとか。

 

 

屋号に、商標は使える?

 

個人事業に関しては、法人ほど厳格ではない(と言えば失礼ですが)ので
それほど、気にする必要はありませ。
私も、実際にそこは気になっていた部分でしたので
確認したところ、このようなお返事をいただきました。

 

ただ、できることなら商標登録してあるような
屋号は、使わないようにしたほうが良いのではと個人的には感じています。

 

 

屋号のつけ方

 

個人事業であっても、法人であっても
運営する事業がどんな事業であるのかということが
一目でわかるような、屋号が好ましいと感じます。

 

たとえば、ダイエット商品をあつかうネットショップを運営するのに
「まんぷく堂」って、いかがなものかと思いませんか?

 

この屋号が気にいっているのであれば
否定はしませんが、個人的なこだわりは最後に回すようにしたほうがいいですよ。

 

私は、ネットビジネスを個人事業として起ち上げています。
また、ホームページ作成なども、今後、視野に入れています。
そして、最終的に個人的なこだわりといいますか
和風な感じを持たせたかったので「Web工房」という屋号で
個人事業の申請をいたしました。

 

ただ、実際には似たような屋号は商標登録されていましたので
個人事業主である間、この「Web工房」を屋号として使用しようと思っています。

 

 

 

 

屋号って、最初にも言ったように
お店の名前になるんですよね。

 

ですので、やっぱりこだわりたい部分だというのは
よくわかります。

 

最近は、横文字の屋号も目立ちますが
あまりにも、格好だけを気にしたものにしてしまうと
例えば、妙に長かったり読みにくかったりすると
電話対応の時に、困ったりします。

 

自分の屋号をまともに言えないようなところで
お客様は、商品をご購入してくださるでしょうか?

 

そういったことも頭にいれながら、素敵な屋号をつけてくださいね。

 

あと、個人事業を始めるときの書類に「開廃業届出書」がありましたよね。
その「開廃業届出書」の『屋号』という欄には、まだ屋号が決まっていない場合は
空欄で構いません。


ホーム RSS購読 サイトマップ