個人事業 口座

個人事業用の預金口座を作る

スポンサードリンク

個人事業用の預金口座を作る

個人事業をはじめる時に良く言われるのが「財布を分ける」ということ。

 

普段から使っている口座をそのまま使用してもいいのですが、頻雑になる場合も多く事業での収支と、個人の収支との区別がつかなくなり記帳するのも大変になってきます。

 

個人事業用の口座を開設し、事業用の収支と普段の生活の収支を分けることで事業の状態も把握しやすいとも思えのるで作っておくとよいでしょう。

 

個人事業用の預金口座開設に必要なものは

 

・開業届出
・印鑑(銀行届出印になります)
・身分証明書

 

おそらくなのですが、普段から使っている銀行で作れる口座は2つ程度でしょう。
別々にしても問題はありませんが、同じ銀行で同じ支店にしておくと事業用口座と個人口座の入出金の際の手数料も安く済むので、特にこだわりがないのであれば、同じ銀行で個人事業用の預金口座を作っておくとよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

個人事業用の預金口座を作る関連エントリー

屋号のつけ方
個人事業でも屋号をつけて事業らしく活動してみよう
個人事業の経費はどこまで認められる?
個人事業主になったら、経費がたくさん使えると喜んでしまいそうですが、一体どこまでが経費として認められるのでしょうか?
個人事業用のクレジットカードで経費を区分
個人事業を始めると生活費と経費の区分けが難しいと感じる時がありますよね。特にクレジットカードを使った場合、「どう分ければいいの?」となることもしばしばあるのではないでしょうか。そう行った時に、個人事業用のクレジットカードを持っていれば便利になります。
開業freeで書類作成してみて感じた事
個人事業をはじめるのに必要な書類作成が簡単にできると評判の「開業free」前から気になっていた事もあり実際に使ってみた感想を書いておきますので、参考にしてみてください。
個人事業主が複式簿記で青色申告をしようと思ったら税理士に頼んだ方がいい?
個人事業主が青色申告をして控除を受けようとするのは、当然の事だと思います。ですが、複式簿記となると敷居は高く感じられ税理士に頼んだほうがいいきもしてきます。税理士に頼むしかないんでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ