青色申告 白色申告

青色申告と白色申告

スポンサードリンク

青色申告と白色申告 どちらがいいのか?

個人事業主となり開業届けを出す際に、どちらにしようか迷う方が多いのが「青色申告と白色申告はどちらがいいのか?」です。

 

結論から言いますと、「青色申告の方が有利」です。

 

以下に、青色申告と白色申告のメリットとデメリットを挙げていますので、参考にされてください。

 

 

  青色申告 白色申告
メリット

・節税効果が高い(記帳の種類により、10万円か65万円の控除が可能)
・事業専従者給与を経費にすることができる。
・赤字の繰り越しができる
・帳簿には正確な記帳が求められるため、業績が見やすく問題点なども見つけやすい
・白色申告に比べ、金融機関の信用度が高くなる。

・白色申告で確定申告を行う場合は、申請や届け出もない。
・帳簿の記帳が簡単

デメリット

・帳簿の記帳に正確性が求められるため、複雑となりやすい。
・青色申告をしたいという届出や申請が必要。

・節税効果が薄い
・平成26年度から、すべての白色申告者にも記帳と記録保存が義務化された為、これまでのような簡便さが無くなったと言える。

 

 

 

上記のように、これまで「簡単」だと思われていた白色申告にも帳簿への記帳や記録の保存義務が必要になりましたので、同じく帳簿への記帳と記録保存が必要なのであれば、青色申告にして、節税効果を高めるほうが有利になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

青色申告と白色申告関連エントリー

開業届けの記入
個人事業申請の流れを順に説明します。
青色申告承認申請書の記入
個人事業申請に必要な青色申告承認申請書の記入の仕方を説明しています。
書類の提出と注意点
個人事業申請に必要な書類への記入が終わったあとの提出先や、その他注意事項を説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ