青色申告承認申請書の記入

青色申告承認申請書の記入

スポンサードリンク

青色申告承認申請書の記入

所得税の青色申告承認申請書は、お近くの税務署でも入手することも可能ですし、
国税庁ホームページからもダウンロードできます。
必要書類のページから入手出来ます。
所得税の青色申告承認申請書はこれです。(2009年11月現在)
青色申告承認申請書
クリックすると拡大します。

 

もしも、白色申告するのであれば、青色申告承認申請書は必要ありません。
ただ、せっかく個人事業を開業をするなら、青色申告しておいたほうが
”節税”という面ではかなり有利となりますよ。

 

 

青色申告承認申請書で、特に書いておこうと思う部分は
項目6の『その他参考事項』です。

 

その他参考事項には

  1. 簿記方式
  2. 備付け帳簿名
  3. その他

という、3つの記入欄があります。

 

まず、【簿記方式】には
65万円の控除を受けようとするならば『複式簿記』を選択します。

 

私は、提出書類が複雑になろうともこの『複式簿記』を選択しました。

 

そして、【備付帳簿名】には、”その他”を○して
3つめの記入欄に「青色決算書を添付します」と記入しておきました。

 

 

で、青色決算書というのは
複式簿記で、青色申告をする場合
【損益計算書・賃借対照表】というのが必要になります。

 

この時、青色決算書には、【損益計算書・賃借対照表】が含まれています。

 

 

ここは、場合により税務署の方から、連絡があるかもしれません。
私は、「この書き方で大丈夫かな?」と、少し不安を持ちながら
申請したのですが、何の不具合もなく申請が出来たようです。

 

 

もし、不安があるようでしたら、国税庁ホームページや、お近くの税務署に
確認をとってください。
国税庁

 

 

所得税の青色申告承認申請書については以上となります。

 

 

 

スポンサードリンク

青色申告承認申請書の記入関連エントリー

開業届けの記入
個人事業申請の流れを順に説明します。
青色申告と白色申告
個人事業申請なら青色申告が節税面でもお得なのですが、白色申告をしてはいけないのでしょうか?また、何が違うのか?その辺り確認してみてください。
書類の提出と注意点
個人事業申請に必要な書類への記入が終わったあとの提出先や、その他注意事項を説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ