個人事業主 目的

個人事業主とはの前に目的を明確に

スポンサードリンク

個人事業主になる目的は明確にしておきましょう

個人事業主となり独立するということは、夢を叶える第一歩となります。
これまでの会社勤めから、すべてを自らの責任を持って行動するなんて、素晴らしい
ことだと思います。

 

ですが、良くある傾向として「なぜ独立するのか?」を明確にしていなかったばかりに、独立することだけが目的となり、ただひたすらに働いていて「今の目的は何だろう?」と自問自答してしまう事が少なくありません。

 

せっかく夢を叶えるために、個人事業主となり独立したのにこれでは「何のために独立したのか?」が、わかりませんよね。

 

あくまで個人事業主となって独立するのは「手段」であり「目的」自身はその先にあるのではないのでしょうか?

 

「個人事業主となり、事業を始める事でどうなりたいのか?」が目的だと考えます。

 

「もっと社会に貢献したい!」とか「こうすればもっとよくなるのに」と、いったきっかけから「会社に行くのが面倒」とか「通勤電車に乗りたくない」などといった、ネガティブな思いもあると思います。

 

ただ、これらはあくまできっかけであり「動機」です。
個人的には「動機は何でもいい」と思っているんですね。

 

「もっと社会に貢献したい!」という動機であれば、「じゃ、それをするために何をしなければならないのか?」という部分がありますよね。

 

その動機を達成するためには、「個人事業主として独立しなければならないことなのか?」、他に方法はないのか?という部分もあります。

 

しかし、あなたが「個人事業主となり独立する」を選んだのであれば、それでいいと思うんです。

 

あなたが、個人事業主となり独立することで、どうなりたいのか?が見えていれば。

 

ただ、個人事業主となることばかりに目がいってしまい、独立の準備に追われ、開業し事業は順調なものの「あれ?何で個人事業主になろうと思ったんだっけ?」とならないように、最初の段階であなたが、個人事業主となり独立する目的というものをハッキリと認識しておいた方がいいでしょう。

 

また、目的は小さなものよりも大きな目的のほうがやりがいもあるでしょうし、困難も増えますが乗り越えることで得られる達成感も大きくなりますので、出来るだけ大きな目的の方が、チャレンジするのも楽しいのではないでしょうか。

 

それが出来ないと思うなら、たくさんの小さな目的を持ち、一つずつ達成し一つ達成したら新しい目的を追加する、などといった方法もあります。

 

とにかく、個人事業主になることは「手段」であり「目的」ではないと覚えておくといいですよ。

 

スポンサードリンク

個人事業主とはの前に目的を明確に関連エントリー

個人事業主とは?
個人事業主とは何かを説明しています。
メリット
個人事業主となることで得られるメリットとは?
デメリット
個人事業主になることで起きるデメリットとは?
個人事業主になったら、会社にバレる?
個人事業主になると会社にバレてしまうのでしょうか?気になるところですよね。ここでは、個人事業主がどうやってバレるのか?バレないようにする方法は?などを解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ